忍者ブログ

● Crystal+ ●

ヤマトアキ個人企画のもろもろ。 C+(クリプラ)のお遊びとかいろいろ。

【玄星の塔】企画完成

オリジナルCDドラマ
《 玄星の塔 》


【企画完成のご挨拶】

先日、4月30日(日)に開催されました「M3」にて
無事に作品を頒布することができました。


今回、いろいろなことがギリギリになってしまい、皆様にも
ご不安を抱かせてしまうことも多く、本当に申し訳ありませんでした。

予告編も、今回はアップできなかったのですが、
遅ればせながらでも、予告編というか、宣伝ドラマを
企画サイトに公開できればと考えております。
(サンプルボイスの掲載も、その際にできるようにいたします!)


また、当日、お声掛けくださった方々本当にありがとうございました!
関係者様の、作品を受け取ってくださった時の笑顔を見て、
ギリギリまで諦めなくて本当によかったと思いました。
お会いすることができて本当によかったです。



・チャオ・ササキさま
「Beat Breaker」「鬼平」を経て、次回はぜひメインを担当していただきたいと思い、
バロック役をご依頼させていただきました。ちょっと軽快で重過ぎないのに年齢を感じるお声、
飄々とした中にどしりとした根幹を表現してくださるお芝居で、周りのキャラクターに比べて
多くの年月を生き、多くを経験してきているだろうバロックというキャラクターに
本当にぴったりでした。チャオ・ササキ様、本当にありがとうございました!


・藤堂れんげさま
可愛いのに残念で、残念なのに可愛い……そんな微妙で絶妙なところを、理想的な勢いと、
想像以上の弾けたお芝居で、実は才女でもあるエレナを、見事に演じあげてくださいました。
残念なところは本当に残念なのに、そこはかとなく教養を感じられる雰囲気がちゃんとあって、
エレナ本人は本当に真剣に生きているのに、なぜか編集中もあちこちで笑わせてくださったり、
聞いていて元気になれるエレナを、藤堂様、本当にありがとうございました!


・小板橋篤記さま
飄々としたバロックとは正反対の、まさに頭の固い&融通の利かない騎士団長のようなローレン。
若造では決してない、どっしりとした重厚感を、その一言一言で積み上げてくださいました。
静かに血管が切れているんじゃないだろうかと思わせる神経質そうなところや、
不器用に優しい感じ、きちんと相手を認める潔さを、決して派手にではなく、けれど確かに
表してくださり、小板橋様、本当にありがとうございました!


・杉宮加奈さま
お姉さんと呼ぶには上で、オバサンと言うにはまだ若い……女性として大変難しい年齢の位置を、
杉宮様がその透明感のある美しく品のあるお声と、軽やかに滑るようなお芝居で、
まさにそういう、どちらでもなく、どちらでもあるエメットさんを表現してくださいました。
彼女は本当に最後の最後まで「エメットさん」で、音声だけなのに「目」を感じられたり、「口元」を
感じられたり、自然なのにとても丁寧なお芝居を、杉宮様、本当にありがとうございました!


・今宮ゆうさま
自由な感じでお願いします、という無茶なお願いに、見事に応えてくださいました。
いいお声なのに、とてもいい感じに気持ちが悪い粘着質な性質がちらちらとというか堂々とあって、
へらへらと軽いのに、目の奥の闇と腹の読めない不気味なオーラを感じられるようでした。
それでいて決して線が細すぎない「こいつ……できる」という雰囲気もあって、まさにオーカーでした。
個人的にはあらくれ役も良かったと思っております。今宮様、本当にありがとうございました!


・じゅるさま
「桜香綴り」では現代のお話だったので、次は絶対ファンタジーで!と思っておりました。
麗しい青年や美しい女性がお上手なことは存じ上げていたのですが、今回の少年少女の可愛いこと可愛いこと!
今回はシナリオの長さの問題で、美形キャラの登場を削ってしまったため、それは残念だったのですが
おっさんズがたいへん素敵なおっさんたちで、今回はキャラクターの年齢層が広かったため、
とっても得をした気分になれた素敵なキャラデザインをしてくださいました。
繊細な耳飾のデザインから、豪快なオッサンの暑い胸板まで、じゅる様、本当にありがとうございました!

――――――――――――――――――――――――

以上をもちまして、当企画「玄星の塔」の企画は完成とさせていただきます。


ただ、上部に記載しましたように
今後、企画サイトに宣伝ドラマをアップする予定ではおりますので、
その際にはまた改めてご連絡させていただきたいと思っております!

みなさま、ご協力本当にありがとうございました!!


2017年5月1日 Crystal+ ヤマトアキ 拝

PR

【水晶のセカイ】企画完成

オリジナルCDイメージソング&ミニドラマ
《水晶のセカイ》

先日、10月30日に開催されました【M3】にて
無事に完成CDを頒布することができました。
ここまでたどり着けましたのも、皆様がご協力くださったおかげです。

――――――――――――――――――――――――

・鈴葉ユミ様
もともとの作品の動画と同じ効果音を使って雰囲気を合わせてくださったり、
イメージの元となった作品をより生かす「女性らしいかっこよさ」を作り上げてくださいました。
聞いていて思わず口ずさんでしまう、ちょうどいいテンポと疾走感、こちらからお願いした
イメージ以上に、「これはかっこいい!」と思わず言ってしまうほどの曲を作ってくださいました。
素敵なハモリが実現できたのも鈴葉様のおかげです、「Open the Door!」の作曲をありがとうございました!


・烏丸友吾様
そうして生み出された鈴葉様のかっこいい世界観を、より強調してくださいました。
それぞれの楽器やトラックのバランスを丁寧にそろえてくださり、当方では想像もできませんが、
ドラマの編集のような役目を果たされていると思うのですが、本当に根気と耳を酷使する作業なので、
細やかに「ここ」というちょうどいいバランスを整えるのは本当に大変だったと思います、
烏丸さま、「Open the Door!」のミックス作業をありがとうございました!


・シロ様
当方からのふわふわしたご依頼指定の中から、きっちりと必要なことを拾い上げて
こちらの理想どおりの形にしてくださいました。効果音やコーラスの件も根気よく応えてくださり、
擬似コーラスも歌い手様のコーラスも絶妙にミックスされていて、また、ともすれば重たい世界に
なってしまいそうなイメージに情熱と意志をがつんと加えてくださって、とても重厚な雰囲気になりました。
シロ様、「黎明の刻」の作曲、及びミックス作業をありがとうございました!


・あきのこた様
特に「万華京」のほうでは2ボーカルのミックスということで、通常の倍のご苦労をおかけいたしました。
ぼんやりと頭にえがいていた世界観が、こた様のお力によって想像以上の美しさで表現していただけて、
煌く風を感じられるようでした。「鬼願」では、「全員参加で」という当方の希望に応えてそれぞれの声質や音域を
上手く考慮して綺麗にパート分けしてくださり、一人ひとりに丁寧にお言葉までくださいました。
2曲もの作曲、およびミックス作業を、あきのこた様、ありがとうございました!


・99様
マスタリングは、いわば総括の役目で、何人もの人間が仕上げたものを「ひとつの雰囲気にまとめる」というのは
想像も及ばない大変な作業であったと思います。最後の最後まで、細かい部分にまで対応してくださって、
おかげさまで目指していた以上の仕上がりになり、作品を完成させることがかないました。
まったくの素人であった当方に、とても丁寧に説明をしてくださったことも感謝しております。
99様、当方の作品のマスタリングを本当にありがとうございました!


・渡瀬絵美様
作品をよく理解し読み解き、その上での綺麗で繊細な言葉選び、また、細やかなところまで
イメージを美しく溶かし込んだような作詞をしてくださいました。韻を踏むことはもちろん、
実際に歌ってみて言葉にしやすいか、発声しやすいかなど様々なところでも気配りされていて、
作詞の奥深さを感じられました。当方の作詞にもいろいろアドバイスをいただきました。
渡瀬様、「鬼願」の作詞、及び、当方の我侭に応えてのコーラス・キャストでの参加もありがとうございました!


・笑兵衛様
重ねてのお礼になってしまいますが、あの時の笑兵衛様の「いいね!」がなければ、ここまで来られませんでした。
あの時背中を押してくださり、そして、快く作品に参加してくださり、本当にありがとうございます。
作中では、綺麗で、かつ力強い歌声を、繊細で優しいコーラスを。可愛く優しい少年を、凛とした少女を。
それ以上のたくさんの役どころを引き受けくださり、演じ分けてくださいました。
笑兵衛様、「Open the Door!」のメインボーカル、及びキャラを演じてくださり、本当にありがとうございました!


・來香滄様
短い期間の中だったにもかかわらず、これは見本の歌かと思うほどのメロディを歌い上げてくださいました。
楽器の奏でる音と綺麗に調和する柔らかく丁寧な歌声で、アカペラの状態で聴いていても揺るぎのない
安定感で、しかも修正いらずで作曲者様にも大変優しいファイルを届けてくださいました。
とても素敵でした。ドラマ部分では、ちょっとクセのある少年から偉そうな大名どころまで演じてくださり、
來香様、「鬼願」のメインボーカル、及び「黎明の刻」のコーラス、そしてキャスト参加をありがとうございました!


・龍胆様
ずっと憧れていた絵師さまに、このたびお願いすることがかなって本当に幸せです。
構図ひとつとっても当方の作品をよく理解して描こうとしてくださって、ラフの時点から
世界観が伝わってくるような優しくて素敵な絵柄で、夢をかなえてくださって本当に嬉しかったです。
当方よりも細かくタイトルの箇所や世界観イメージを考えてイメージしてくださって、
ジャケットの文字入れなどもとてもやりやすく、デザインしてくださった柄もあちこちで活用させていただくことができました。
素敵なイラストを、龍胆様、本当にありがとうございました!


――――――――――――――――――――――――

これをもちまして、今回の作品「水晶のセカイ」は完成となります。

イベント参加の方は本当にお疲れ様でした。
また、最後の最後までお付き合いくださいました関係者の方々も、本当にお疲れ様でした。

皆様、本当にありがとうございました!!!


2016年11月6日 ヤマトアキ 拝

【水晶】作品のこと

オリジナルCDイメージソング&ミニドラマ
《水晶のセカイ》


今回、はじめて「歌CD」に挑戦してみました。

同じ「音」を扱うものだから、たぶん大丈夫、
いままでも少しだけど主題歌をお願いしたこともあったし……と
そんな勢いのままではじめてみましたが、

「ソング集」となると、急に色んな専門的なことにぶち当たり、
たくさんの方から、新たなことを教えていただいたりと、
ずっと勉強勉強の毎日でした。

歌曲も、ほんとうに奥が深い……


歌は、今回は、
当Crystal+のこれまでの世界観をなんとなくイメージして作る歌曲だったので、
いわゆる「歌い手」さんではなく、あえてお芝居をメインで活動されている、
ボイスコの方にお願いしました。

キャラソン、というところまではいかないんですが、
じゃあ、なにかをテーマにした「歌のCD作品」なのか、といわれると、
どちらかというと、「歌である」ことよりも、
「ドラマを歌という形で表現した」、というほうが近いのかなと思ったこともあり、
だったら今回は、キャラクターを演じることの経験もあり、
歌も歌える、という活動者さんがよい、と思い……。

なので、それをいいことに?ドラマ部分でもあれこれ色んなタイプをお願いしました。
可愛い少年から、計算高い大名の連中まで!



一度だけ、カラオケご一緒して歌声を知ってた笑兵衛さん。
お芝居はだいぶ昔からいろいろ聞かせていただいてましたが、
歌を聴いたのは、そのときがほぼはじめて。
私にはひっくり返っても出せない伸びやかな高音の持ち主で、
きゃるんとした可愛らしい感じから、元気でパワフルな、
かつ、あくまでも女性らしい力強さのある歌声で、
今回の、「女性的で、かっこいい歌」というテーマにぴったりの方で、
さらに、当時はまだぼんやりしたただの希望に過ぎなかった「歌CDをやってみたい」という私の話に、
「いいねー!! YOUやっちゃいなよ!!」と背中を押してくれて。
あのときの彼女の「いいねー!!」がなかったら、
思い切ってやってみよう!!とならなかったと思うので、本当に感謝してます。


もうお一方、來香滄さんは、
son voyage様の企画「Memoires de Madame Guillotine」で一瞬デュエットがあって、
同じ音程を歌っていたのにちゃんと声質に差が感じられて、
それが自分の中ですごく安心するバランスで、
はっきりと互いの歌詞も聞き取れるし、キャラの違いもわかるし
なによりとても安定した丁寧な歌い方で、
この方ならどんな相手とデュエットになってもカバーしていただけそうだし、
どんな歌をお願いしても歌い上げてくださるだろうなと感じました。
柔らかで穏やかな声質そのものが、今回お願いさせていただく歌曲にぴったりで。
笑兵衛さんとも共通のお知り合いだったこともあり、
初めての試みで全く見ず知らずの方にお願いするよりも
心強いかなとも思い、今回、突然ですがお誘いさせていただきました。


作詞はもう、最初から絵美ちゃんこと、渡瀬絵美の!これを!
と決めていたので、すが、
自分でもちょっとやってみたいなと思って挑戦してみました。
短い中にいろいろ詰め込むのは本当に難しかったです……。
あれこれと絵美ちゃんにアドバイスをいただきながら、
どうにかこうにか仕上げてみました。
渡瀬絵美の作り上げる歌詞の世界観の、美しく繊細なことよ……
ぱっと見た感じは、強いクセのない、さらっとしたイメージの文章が並んでいるのですが、
よくよくみると、すごく緻密に計画されているというか、
細やかに、すみずみまでいろいろ伏線のようなものが隠されていて……!
そして、作詞だけの参加じゃもったいないから!と、
いま忙しいって言ってるのに、
無理矢理コーラスと、お芝居のほうでも参加してもらいました。

最近は、恋愛系の歌詞もかけるように勉強しているらしいので、楽しみにしています。



楽曲のほうは、まったくの素人だったので、
とにかくあちこちのサイトを巡ってみて今回、自分の中のイメージに
近いサンプルを上げている方を探しました。

最近は、作曲者さんも本当にたくさんいらっしゃって目移りしました……!


民族系や綺麗系も本当に捨てがたかったんですが、
今回は和風で、少し勇ましい感じでイメージしていたので、
ご本人の歌声も素晴らしい歌い手でありながら数々の作曲もされる鈴葉ユミさん。
重厚感を感じる迫力のある音源をあげていらっしゃった墨染サウンドのシロさん。
そして、鬼神楽からずっとお世話になっている、
優しくて繊細なメロディを生み出すあきのこたさんに
お願いさせていただきました。

今回は本当に三者三様で、好きなタイプをあれこれ詰め込ませていただけて
とても幸せな一枚になりました!


楽曲そのものやイラストや見えない縁の下作業については、
スタッフ様に公開してから、また長々と……ヽ(*´∀`*)ノ


そして、いつもの感想などはイベントが終わってから改めて!

**************

*スタッフ様(敬称略)*

作編曲・ミキシング
  あきのこた (tr04,08)
  シロ(墨染サウンド) (tr07)
作編曲
  鈴葉ユミ (tr02)
ミキシング
  烏丸友吾 (tr02)
作詞
  ヤマトアキ (tr02,04,07)
  渡瀬 絵美 (tr08)
マスタリング
  99
歌唱+コーラス+ボイス
  ヤマトアキ (tr02-08)
  笑兵衛 (tr01-06,08)
  來香 滄 (tr03,05-08)
  渡瀬 絵美 (tr01,03,05,06,08)
イラスト
  龍胆
ドラマ脚本・編集
  ヤマトアキ
企画制作
  Crystal+

【水晶】告知サイト

オリジナルCDイメージソング&ミニドラマ
《水晶のセカイ》


本日、10月2日、関係者様のお名前を公開しました!


今回は、初のイメージソング集+ミニドラマCD。

最初の企画「鬼神楽」
フリー企画から「黄昏門の通り方」
CD企画から「桜香綴り」

をそれぞれイメージして、歌を作曲していただきました!

幕間に入るミニドラマも、それぞれ、その世界観をほんのりイメージしています。

【ぜんまい】企画完成

先日、4月24日に開催されました同人音楽即売会「M3」が終了いたしました。


当日、朝は生憎の雨でしたが、会場につくころにはどうにかやんで
せっかくの作品が雨に濡れずに済んで本当によかったです^^;


無事に参加することができたのは、皆様にご協力いただいたからこそです。

また、当日、足を運んでくださった方、
差し入れを下さった方、本当にありがとうございました……!!


――――――――――――――――――――――――

◆都竹眞啓:伊達琉太 様
都竹は、若い学生でありながらどこか泰然と構えていて、また、割りと心の機微のある役どころでしたが、
伊達さんの頼れそうなおおらかなお芝居の中にわずかに含まれる繊細な雰囲気、
凛とした、落ち着いた声音で、どこか若い瑞々しさを感じられるお芝居が、とても自然に
都竹の存在を表現してくださいました。伊達様、ありがとうございました!


◆倉永壱月:成海修司 様
弱弱しそうでいて実は頑固、こうと思い込んだら視野が狭くなって意固地にもなってしまう、
けれど柔らかくて優しい部分もあって……。そんなふわふわと揺れ動くような倉永に、
成海さんの、柔らかくも芯があり、どこか少し影を感じるような声音とお芝居がぴったりでした。
セリフ数がダントツで多くてご苦労をおかけしましたが……、成海様、ありがとうございました!


◆まひろ:更科真都 様
柔和な笑顔の似合う、少し飄々とした雰囲気さえある青年まひろ。
更科さんのすっと耳にマイルドに届くお声と、気負わない自然な言い回しとお芝居が、
ふと気付いたらそこに存在しているまひろの不思議な雰囲気を見事に表してくださっていて、
優しいところもよかったですが、食って掛かるところも素敵でした、更科様、ありがとうございました!


◆あかり:藤堂れんげ 様
もうとにかく可愛くて、しかもちゃんと幼い少女というお芝居がとても自然で、
これぞ天真爛漫、純粋で無垢で、それで居てそっと人の心に寄り添う暖かさがあって、
また音声を確認させていただき、OKしたにもかかわらず全て録り直してくださるという徹底振りで、
制作側としてとても頭の下がる思いがいたしました……! 藤堂様、ありがとうございました!


◆ナル:あおいろ 様
いろいろと変動の大きい、立ち位置的に難しいキャラクターだったのですが、
あおいろさんの演技と元気な少年声が、最後まで絶妙に演じきってくださいました。
クライマックスへの流れも、編集でBGMや効果音を入れ甲斐があって、どこかシーンを引っ張っているような
強さもあって……。加えて学生も担当していただき、あおいろ様、ありがとうございました!


◆里江子:大野みやこ 様
ちょっと図々しいところもあるけれどそれを許せてしまえそうな美しいお姉さんをイメージしていて、
大野さんのお声はまさにそのイメージにぴったりでした! 優しくまろやかな口調と、
流れるような言い回しが、さあっと風を感じられるような、ある意味とても爽やかな存在感と
音声だけで美人だとわかる年上のお姉さんという花を添えてくださり、大野様、ありがとうございました!


◆倉永の母:黒鳥8 様
このキャラの変動はとても微妙なところでの変動だったのですが、黒鳥8さんの少し固いお声と
すっと背筋の伸びたイメージの或るお芝居が、その難しい両極をしっかりと演じ分けて下さいました。
倉永君の母だけあって、この人も不器用なところがあるのかもしれない、と性格まで感じられるようでした。
更には学生も担当していただき、黒鳥8様、ありがとうございました!


◆看護婦:小日向さくら 様
頼りがいがあって、優しくて、気遣いも上手くて、かつさっぱりしたイメージの看護婦さん。
小日向さんのお芝居がまさにそのイメージ通りで、そっとさりげないのにしっかりと存在感があって、
文字通り縁の下の力持ちとして物語を支えてくださいました。緊迫したシーンでは、
非常時の雰囲気に加え、場慣れしているプロとしての力強さも有り、小日向様、ありがとうございました!


◆イラスト:tobi 様
柔らかい水彩のような色使いと筆遣いで、キャラ独りでもしっかりと世界観を表現されていて、
男子三人が本当に三者三様で、ラフを確認させていただいたときもその描き分けが素晴らしすぎる……!となり、
キャストさんのサンプルを聞いてイメージを膨らませてくださったこともあって、
表情や仕草まで本当にキャラのイメージや性格を細かく表現してくださいました。
しかもご好意でミニマムバージョンや、都竹の着流し姿、倉永君の学生帽姿も描いてくださり!
tobiさんが彩ってくださった作品のイメージが、編集のときにもすごく力になりました。
ラフの状態も素敵でしたが、やっぱり塗りの雰囲気がとても好きです、tobi様ありがとうございました!


――――――――――――――――――――――――
●企画完成のごあいさつ●
――――――――――――――――――――――――

このたびは本当にお世話になりました、Crystal+のヤマトアキです。

はじめてのM3作品のキャストさま募集ということで、
M3参加サークルとしてはほとんど実績がなかったので、
大丈夫かな、みなさん応募してくださるかな……ととっても心配でしたが、
(しかもイラストもありませんでしたし!)
ドキドキしながら蓋を開けてみれば、ご依頼キャスト様にもすぐご快諾いただけて、
素晴らしいキャスト様に恵まれる幸運となりました。


当方の編集が、少しでも皆様のお芝居の魅力をより生かせるような効果が出ていれば、
ジャケットイラストやキャライラストの素敵さを更にプラスすることができていれば、と思います。

物語も、本当に素敵な雰囲気のドラマになりましたので、
ぜひ聞いてくださいますと嬉しいです!!

本当に本当にありがとうございました!!!


――――――――――――――――――――――――

このたびは、本当にありがとうございました!


この文章をもちまして、最後のごあいさつとさせていただきます。




Crystal+ ヤマトアキ拝

C+って

■オリジナル・ボイスドラマ企画の
 総合サイト。
企画部屋C+
→【C+についてのご案内】

ご連絡はこちらから

 web拍手web拍手 お気軽にっ♪
(自サイトと共通なので「C+」とどこかにお書き下さい^^)

企画用*twitter*

C+企画(+合同も)

Copyright c [ Crystal+ ] All Rights Reserved.  / TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ / [PR]