忍者ブログ

● Crystal+ ●

ヤマトアキ個人企画のもろもろ。 C+(クリプラ)のお遊びとかいろいろ。

【完成】アティウルの国の物語

オリジナルCDドラマ【アティウルの国の物語】



先日、4月28日に開催されました【M3】にて無事に完成CDを頒布することができました。
ブースまで脚を運んでくださった方々、本当にありがとうございましたヽ(*´∀`*)ノ


かなりぎりぎりになりましたが、ツイッターにアップした動画を見て
ブースに買いに来てくださった方もいたようで、動画がんばってよかったです…!

ツイッターでのRTや引用RTも本当にありがとうございました!!

————————————————————————

今回は、自分の中では珍しく「恋愛」(しかも悲恋)というものを主軸に入れる形となりました。

一番最初にシナリオを書き始めたときには、単純に「かっこいい騎士の会話やりたい!」という
願望のみで書き始めていたのですが、
書いているうちに、女王タイターニアと女騎士デューラの存在がどんどん大きくなってきて、
この二人の物語を書かないうちは、騎士の世界観を表現することができない、となってしまい、
急遽、タイターニアとデューラに焦点を置いて書き直し始め、そこからが難産の始まりでした…。


最後まで書いては全部書き直し、最後まで書いては全部書き直し…を繰り返し、
それでもなかなか自分でも納得いく結果にまで持っていくことができず、
友人の力を借りて、どうにか、皆様に収録していただける内容に仕上げることがかないました。


私のシナリオの足りない部分を、皆様の巧みな表現力が補って下さり、
シナリオで表現したかった以上のドラマに仕上がったと思っています。


————————————————————————
●みなさまへ(個人宛)●
————————————————————————


・浅見ゆい様
アティウルの女王、タイターニア。麗しく美しく、清楚で神秘的で神々しく艶やかで儚げで…
その柔らかいお声と品のある演技力、繊細な表現力を持って、騎士たちが命を懸けるに
値する存在を、当方の理想以上にまさに理想的に、白く輝くような印象を持って演じて下さり、
その一言、その吐息一つで、人々の心を魅了するような魅力を少しの違和感もなく、
むしろ強い吸引力さえ持つ説得力のある、本当に美しく清廉なタイターニアでした…!


・ユキト様
騎士、それも騎士団を率いる長という立場のある女性を、ユキト様の真っ直ぐで
大人っぽい女らしい声音が、爽やかで自信に満ちた輝く眼差しと、人を惹き付けずにはいられない
カリスマ性と、力強く凛々しい、真摯な、戦士としての確かな実力と、全てを兼ね備えた
デューラを、少しの優しく甘い雰囲気も含めて、魅力的に演じて下さりました。
戦のシーンの団長としての掛け声もきりりと勇ましく美しくかっこよかったです!


・中嶋有志様
女王に恋をする若い騎士の一人であるジオルを、世界観にちょうどいい若々しい瑞々しさ、
若いがゆえの大胆さ、少しの自惚れと、それを持っても許される真剣な思いと考え、
斜めに見ているようでいてどこか真っ直ぐで素直な、愛すべき青年像として
中嶋様が感情豊かに、ただ明るいだけではない一人前の騎士として表現して下さり、
最後、己の感情を無理やり抑えようとするシーンは思わず聞き入ってしまいました!


・吉田史記様
どこか思慮深く己の感情や欲よりも、規律や掟を守るであろう生真面目さと、
自分の剣を捧げる存在のために、ただひたすら相手を信じ腕を磨き、決して考えが
ぶれることのない芯の強さを持つオーウェンを、吉田様が柔らかくも凛と、
軽口の中にも相手への思いと、落ち着いた雰囲気の中にも未来に向かって成長する
生き生きした若さを、優しく軽やかな口調で演じて下さいました!


・文弥様
女王の教育係、女王を思い、アティウルのため、女王のために生きている宰相を
文弥様は柔らかく落ち着いた声音で、穏やかに優しく、賢く、時に厳しく、激しく、
淡々となめらかな表現の中で、本当にたくさんの細かくも激しい感情を
最後まで演じきって下さいました。役柄的に説明のような長いセリフも多く、
また役作りでも最後まで粘って下って、だからこそのこの宰相となりました!


・ムラカミハジメ様
百戦錬磨の騎士団長を、何の違和感もなく、まさに団長と呼ぶに相応しい迫力と、
しっかりと重ねられた深い年月、さまざまな経験と乗り越えてきた困難と、
潜り抜けてきた戦の数々、それらをしっかりと感じさせる表現の奥深さ、
いかにも頼りがいのある逞しく骨太な声音、この人についていこうと感じさせる存在感。
戦のシーンでの掛け声やデューラとの対戦では、すごい迫力で痺れます!



・今宮ゆう様
本編ではファレス騎士団の副団長としてのメルヴィスで、出番は少なかったですが
まろやかな声音でありながらどこか硬質な雰囲気と、上に立つものとしての立場を
巧みに演じて下さいました!陛下、と呼ぶ短い一言の中に、陛下への静かな思いと
熱い忠誠が感じられ、落ち着いた口調と存在にもかかわらず、どこか熱い眼差しと
真剣で強い表情が見え隠れし、もっと女王との会話を聞いていたかったです。



・黒崎キリト様
デューラの弟をはじめとし、国民、騎士、貴族と、たくさんの役どころを演じ分けて
くださり、それもまさに当方が思い描く雰囲気を、頭の中を読み取ったかのように
言い回しや言葉の使い方も見事で、可愛らしい素直な少年から、凛々しい騎士、
貫禄がありつつかつての美貌を感じさせる高貴な貴族の女性まで、幅広い表現力で
アティウルの世界を華麗にきりりと支えて下さいました!


・愛音録様
本編では、国民、騎士、貴族をたくさん担当していただきました!
老齢であまたの戦を潜り抜けてきた戦士、政治を動かす立場にいる大貴族の一人、
騎士団の若き騎士、それぞれ名もない役ではあるものの、さらりと、それでいて
どこか印象深いセリフを一言残す、という雰囲気も感じられ、若い青年から
老年の男性までを演じ分けて下さり、がっしりした厚みを加えてくださいました!


・みよ様
線画を見たときもそうでしたが、フルカラーのジャケットデータが手元に
届いたときの感動は言うまでもなく皆様にもお分かりいただけたかと思いますが、
原寸大でタイターニアの瞳を見つめることのできる、企画者の特権を存分に味わわせていただき、
更にアナザーでメインとなる三人の線画が届いたときの感激、
みよ様からご連絡をいただくたび何度嬉しい悲鳴を上げたか覚えていないほどです。
70分からなる音声ドラマの世界観イメージをたった一枚で構築するそのすごさ、
解けた真珠に密やかに込められたタイターニアの思いなど、
シナリオを読み込み、キャラを理解し、繊細で美しいイラストを描いてくださいました。



————————————————————————


苦手な「恋愛もの」というジャンルに挑戦し、
シナリオに大苦戦し、ストーリーに自信を持てずにいた中で、
こうして本編をしっかりと完成させることができたのはひとえに
それでも待ちます、参加します、と仰って下さった皆様のあたたかいお言葉のおかげであり、
もちろんなによりも、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず
感動のため息がこぼれるようなお芝居を届けて下さったおかげです。


皆様、本当にありがとうございました!!!

アナザーも引き続きよろしくお願いいたします。


2019年5月3日 ヤマトアキ 拝

PR

C+って

■オリジナル・ボイスドラマ企画の
 総合サイト。
企画部屋C+
→【C+についてのご案内】

ご連絡はこちらから

 web拍手web拍手 お気軽にっ♪
(自サイトと共通なので「C+」とどこかにお書き下さい^^)

企画用*twitter*

C+企画(+合同も)

Copyright c [ Crystal+ ] All Rights Reserved.  / TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ / [PR]